助産院の求人募集をさがそう!

助産師や看護師の求人募集・採用をしている助産院を探して就職・転職するためのコツ

25 3月

出産がメインだけど、対象は妊婦さんだけではない!

Posted in 未分類 on 25.03.15 by Merlyn

iuwerkjfdf

助産院は、妊婦さんが訪れる場所。
そんな風に考えておられる方も多いのではないでしょうか。

実は、助産院によっては、性や出産、命に関して考えるきっかけとなる場所
という風に、助産院のあるべき姿を謳っている助産院もあります。

 

そのような助産院には、
妊婦さんだけではなく、多くの方が訪れる場合があるんです。

思春期の少女だけでなく、少年なども、親に相談することが出来ない
性の悩みに関する話をしに来るという場合もあります。

 

このような助産院であれば、妊婦さんだけでなく子供に対しても、
正確な性の知識や情報といったものを提供し、
相談に乗っていくという仕事もあるんですよ。

様々な助産院があることは分かっていただけたと思いますが、
メインとする業務はもちろん、
妊婦さんの出産や産後のケアといったことになりますよね。

 

特に、妊娠や出産を経験したことの無い女性は、
とても大きな不安を抱いています。

そのような方に対して、
安心して自然にお産を行ってもらうために介助するのが仕事ですよね。

 

助産師の対応や声掛け、様子などによって、
妊婦さんの心理状態は左右されてしまうものなんです。

安心して自然にお産を行ってもらえるようにする助産院での仕事は、
いくら忙しく大変であっても、妊婦さんの事を考え、
心にゆとりを持った仕事が必要とされるのです。

 

 

tags:

コメントは受け付けていません。

13 1月

助産師の給与の金額を知りたい!

Posted in 未分類 on 13.01.15 by Merlyn

意外と高待遇な助産師

ubvahevaw
看護師の資格を有していて
そこからのステップアップを考えた際に
選ばれる事が多いのが、助産師という選択です。

基本的には看護師の資格を有していて
尚且つ専門機関で1年以上履修した場合に
国家試験を受けることが可能で、
取得する為にはある程度の過程を必要とします。

 

いざ資格を取得して勤務することが
可能になった場合でも、実際の臨床現場では
まだまだ需要が少ないため比較的給与は、
高待遇になります。

しかし、新卒者の初めての給料は
17万円前後と意外にも低いです。

 

ただ、この職種は女性に与えられた特権のような職種で、
その仕事の特異性からも
比較的同年代の他業種で勤務する女性にくらべると、

勤続年数や実績によって
どんどんと年数を重ねるごとに給料面で
伸びしろがある職業である
と言えます。

 
 
 

開業した方が良い?

基本的に助産師は国家資格になるため、
様々な手当やボーナス等も支給されますが、
病院や行政機関などの勤務先によって
それぞれ変わってきます。

しかし初任給こそ低いものの、
平均的な年収は500万円前後と高水準です。

 

ある程度の実績を積んで
自分自身で助産院を開業した場合には、
さらに高水準の年収を取得している人も
多数存在します。

しかし開業助産院の場合には、
1人の患者によりそった医療を行うことができる反面、
自身の負荷も若干ふえます。

 
 
 

お産だけではない仕事内容

ijagew
助産師の仕事としては、
出産に立ち会って赤ちゃんを取り上げる
という仕事をまずイメージすると思いますが、
実際には他にも様々な業務があります。

その他にも、新生児の保健指導や妊婦の健康管理、
妊娠中の食事などの生活指導など
もあります。

 

看護師と似ている職種でもありますが、
より出産などに携わる機会が
多い職種ということが言えます。

働く職場としては、病院や診療所、
助産院などで働くことが多くなってきます。
特に病院や診療所での求人が多くなってきています。

 

最近は、自分で助産院を開業する人が増えてきており、
自然分娩を特徴としたところが
女性に人気となっていたりします。

 
 
 

給料は看護師より高い?

給与に関しては、看護師と同じくらいか、
もしくはそれ以上というところもあります。

一般的な助産師の給料としては、
25万円から35万円くらい
と言われています。

 

さらに夜勤があれば、夜勤手当がつくことになるので、
夜勤をしている人はこの給料にさらに
夜勤手当がつくということになります。

例えば、年齢が40歳代後半くらいであれば、
平均月給としては34万円前後くらい
であると
考えられます。

 

看護師の場合も、働く病院によって違いがありますが、
給与水準としては同じくらいといえるでしょう。

 
 
 

tags: ,

コメントは受け付けていません。