助産院の求人募集をさがそう!

助産師や看護師の求人募集・採用をしている助産院を探して就職・転職するためのコツ

27 6月

助産院の良い求人の見つけ方とは?

Posted in 求人探し on 27.06.15 by Merlyn

header
 
caution
助産院の求人を探すなら、ハローワークや雑誌よりも「転職サイトに登録をして求人を紹介してもらう方が いい求人が見つかりやすい」というのが最近の傾向です。

 

なぜなら、助産院の良い求人は一般には非公開とされていて、転職サイトだけで人数限定で募集されている事が多いからです。

 

そのため、助産院の求人を探す助産師や看護師の多くが転職サイトに登録をして、良い転職先を探しています。

 

尚、こちらでは助産院の求人を探している人に人気の転職サイトランキングを紹介します。


rank01

第1位 ナース人材バンク

1-300

 

全国の条件の良い求人が集まる人気の転職サイトです。「助産院で働きたい!」「助産院の良い求人を見つけたい」などの希望に応えてくれます。

 

助産院の条件のいい求人を探すなら、まずこちらで無料登録をして紹介してもらう人が多いですね。

 

→ 助産院の求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 


rank01

第2位 ナースではたらこ

4-300

 

ハローワークや新聞チラシなどでは公開されない 「助産院の非公開求人」 が揃っています。

 

助産院の求人の中でも特に「残業が少ない」「休みが多い」「給料が高い」そんな条件の良い求人を見つけたい人は、ナース人材バンクと合わせてこちらにも登録される人が多いです。

 

→ 助産院の求人の紹介はこちら(無料)

※登録料・紹介料など すべて無料です

 


rank01

第3位 ナースフル
5-300

 

実績ある安心のブランド・リクルートが運営する看護師転職サイトです。担当の優しいコンサルタントの方が親切に応対してくれます。

 

サポートが充実しているので、初めて転職サイトに登録して助産院の求人を探したい人でも安心ですよ。

 

→ 助産院求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 

 

caution
2つ以上の転職サイトに登録しても問題ありません

 

むしろ、1つの転職サイトで紹介してもらえる求人数は限られているので、 2つ以上登録しておくと 助産院のいい求人が見つかる可能性が高くなります

 

たとえば、「1位の転職サイトでは助産院の求人は2つしか紹介してもらえなかったけど、 2位のサイトに登録したら、さらに3つ紹介してもらえた!」 なんてラッキーなことがあるのです。

 

その場合、合計5つの良い求人の中から1番いいところを選ぶことができるというわけです。

 

→ 1番おすすめの転職サイトを見る

 

 


助産師として助産院に採用された場合、仕事を覚えていく事が必要となります。出勤後に引継ぎをして、情報を共有することから仕事が始まります。助産院でケアをしている妊婦さんの体調に変化はないか、出産間近の妊婦さんは居ないのか、という事を、日誌を使いながら引継ぎを行います。
現在助産院に入院している妊婦さんが居れば、妊婦さんや産婦さん、新生児の健康管理なども行う事になりますよ。診察に訪れる妊婦さんの予定などが入っていれば、その準備なども行います。それぞれの助産院に応じて、午後は妊婦さんへの栄養指導を行ったり、経産婦への授乳指導が行われる事もあるんですよ。
助産師は妊婦さんに対し、赤ちゃんが生まれるまでの生活の指導や、赤ちゃんが生まれた後の生活の指導など、助産行為を任されていない新人助産師であっても行う事が出来る仕事は多くあります。妊婦さんとその都度顔を合わせることになりますので、信頼関係を築きやすくなり、コミュニケーションもとりやすくなります。
新人助産師として、このような日々の業務をこなしていくことが、一つひとつ勉強であり、経験として積み重なっていくものなんですね。出産間近の妊婦さんが居れば、先輩助産師と一緒に助産の仕事に携わることが出来る様になります。ここからは、さらに経験を積むことが大切になりますよ。


助産院で働きたいという人にとって、既に助産院で働いている人の経験談というのは、とても貴重だと思います。実際どのような感じで働いているのか、その辺りを聞いてみました。助産院の求人を見つけ、実際に応募・面接と就職活動を行い、合格の電話をもらうまではとても長く感じたそうです。面接では何を話したのかは、正直忘れてしまったものの、自分を採用しようと決めてくれた人が居るという事が、働く上で一つの自信となったそうですよ。
自分を認めてくれた人が居るということになりますが、だからといって誰かに媚をうって仕事したり、先輩達に良いように見られようとして仕事をすると、結果的に良いことにはなりません。まずは、上司や先輩が何を求めているのか、何が必要なのかという事を考え、一つずつ仕事を覚えていく事が必要だそうです。
職場の仲間は学生時代の頃の友達とは違い、やはり仕事はしっかりと行い、その中で仲良くなっていくことが必要だと感じたそうです。あくまでも仕事の仲間であり、仲良しグループではありません。助産院では、でしゃばって仕事を行うのではなく、助産師の仕事を補佐するというのが、看護師の役割だと感じたそうです。
助産師を尊重し、まずはその指示に従って仕事を行うことが大切です。上司や先輩が自分のことを信頼してくれるような看護師であることというのが、助産院で仕事をする上で重要な事なんだそうです。


出産難民という言葉を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。総合病院などでも、産婦人科や産科などの診療科目を開設している病院は減少し、産婦人科クリニックなども減っていますよね。そのため、産婦人科や産科を開設している病院には、妊婦さんが押し寄せているような状態になっているんですね。診察を希望しても受け入れてもらえないという妊婦さんや、緊急時なのに対応してもらえないという妊婦さんも、どんどん増えているんです。
このような社会的な問題の中、助産院の役割というものが見直されています。総合病院を受診した妊婦さんでも、正常で健康な妊婦さんの場合、提携している助産院を勧めるところもあるんですよ。総合病院では、ハイリスクで医療的な管理が必要となる妊婦さんや、緊急の場合に診療を受け入れて、院内に助産院を設置しているというところもあるんです。
一時は助産院は衰退し、その数が減ってしまった時期もありました。ですが、今は施設を充実させ、人員を確保した助産院も増えているんですね。看護師から助産師を目指したい、助産師としてのキャリアアップをはかりたい、という場合には、助産院に就職する方法もとてもおすすめです。助産師は開業権もありますので、将来的には助産院を開業することを目指すのも良いのではないでしょうか。
自分が目指している理想のお産を実現できるような助産院にまず就職し、そこでキャリアアップをはかり、将来は開業するというような目的をもって、助産院に転職してみるというのもいいですよね。


助産師としての資格を持っている人が、仕事をしたいと感じた際には、どのようにして就職先を探せばいいのでしょうか。少し前までは、ハローワークで就職先を探したり、求人広告で探すというのが一般的だったのですが、最近ではパソコンやスマホを利用して、ネットで求人情報を探すという方法も多いですよね。
ネットを利用した就職活動の利点は、やはり24時間いつでも検索でき、応募も可能という点です。申し込みをしようとした際に、分からない点などがあれば、メールで問い合わせを行うことだって出来ます。看護師専門の転職サイトなどを利用すれば、親身になって相談にのってもらうことが出来ますよ。一度登録すると、どこよりも便利に利用することが可能です。
就職する際に、あまり経験がない・新人として入職する・ブランクがある、という場合、やはり働く上で不安に思うことも多くありますよね。医療機関では、基本的に研修期間などがありますので、この点は安心して勤務することが出来ます。助産師として助産院で勤務したいということも可能ですし、産婦人科や産科の病院で働きたいという人にも対応しています。
助産師の仕事というのは、夜勤や準夜勤などがありますので、給料はかなり高めとなることが多くなります。ですので、お金に関しての心配は不要ですよ。

 
助産院の仕事がしたい!

→ 1番おすすめの助産院 転職サイトを見る

 

tags:

コメントは受け付けていません。

25 3月

助産院で働く助産師の仕事とは

Posted in 求人探し on 25.03.15 by Merlyn

jnjkahkuhsf

助産師として働く場の一つである助産院。

この助産院での助産師の仕事は、
正常分娩の介助というイメージが多くあると思いますが、
決してそれだけではないんです。

 

分娩介助のほかにも、様々な仕事を行っているんですよ。

・妊婦さんのケアやその家族のケア
・産後のメンタルケア
・新生児の予防接種に関するプラン
・育児の情報の提供
・子育ての悩みに関しての相談

など、このように分娩介助以外での仕事というのも、多く行っているんです。

 

通常、病院で助産師として働く場合には、
産婦人科での勤務となりますよね。

産婦人科では、妊婦さんへのケア、産後のケア、
新生児のケアといったものが中心となっています。

 

ですが、助産院の場合であれば、妊婦さんのみならず、
女性全体のサポート・ケアを行うことが出来るんですよ。

子供たちへの性教育・命の教育といったことも行ったり、
助産師が直接子供達に対して
性教育や命に関する授業を行ったりする助産院もあるんです。

 

 

tags: ,

コメントは受け付けていません。

25 3月

助産院への就職の難易度と探し方

Posted in 求人探し on 25.03.15 by Merlyn

jhdjfhasf

助産院の数が少なく、そこで働く助産師の数も少ないということから、
求人が少ないことと、難易度が高いということが予想されます。

実際に助産院の求人は少なく、少人数で運営を行っていくという事から、
採用条件なども厳しく設定されている場合があります。

 

そのような事を踏まえると、
やはり就職の難易度は高いということになりますよね。

ですが、新しく助産師を育てていくことが出来なくては、
助産院自体が閉院となってしまうことも考えられます。

 

若手の助産師の育成を行わなくてはならないために、
経験の浅い助産師を積極的に採用したいという助産院もあるんですよ。

このように、新しい助産師の教育を行うことを
必要としている助産院を探すことが、
助産院で働きたい看護師の転職成功の鍵となります。

 

数少ない助産院の助産師の求人を探すのは、大変ですよね。
全く求人が無いということではありませんが、
探すとなるとなかなか見つからないものです。

そこで、効率よく探したい方に、看護師専門の転職サイトの利用をお薦めします。

 

助産院は、それぞれが個性を持っているという特徴があります。
このそれぞれの個性を理解していなくては、
自分が思い描いていた仕事とかけ離れたものとなってしまう場合もあります。

転職サイトで応募したい助産院を見つけた場合でも、
個性や特色の面などはしっかりと確認するようにしてくださいね。

 

 

tags: , ,

コメントは受け付けていません。

25 3月

助産院の求人は少ないの?

Posted in 求人探し on 25.03.15 by Merlyn

njndhvsd

助産院の正しい名称は、助産所といいます。
日本にどのくらいの助産所があるのか調べてみました。

平成21年の地域保健医療基礎統計というものを見てみると、
平成20年12月31日の時点で助産所は788件となっており、
助産師は27,789名となっています。

 

大体1件の助産所に、3.5名ほどの助産師が働いているということになり、
もともと助産所で働く助産師の人数は少ないということが分かります。

また、助産所は平成18年に683件まで減っていたのですが、
現在ではもう少し多くの助産所があるとされています。

 

助産所というのは、10名以上の妊婦・産婦・じょく婦を
入所させる設備を持たない施設です。

つまり、小さな施設なんですね。
そのような中で働いている助産師は、多くの人数が必要であるとは言えません

 

大きな助産所でも、10名のスタッフのうちの8名が助産師
という場合が多く、たくさんの助産師が勤務しているというわけではないんです。

少ない人数で運営されていることが多いので、
必然的に助産師の求人も少なくなっているんですね。

 

 

tags: ,

コメントは受け付けていません。